北海道大学女性研究者支援室 FResHU

女子中学生・高校生の理系進学を応援します!Girl's be Ambitious! 〜科学を楽しむ、理系キャリアを知る〜

Latest Information 最新のお知らせ

お知らせ

 

先輩(センパイ)に聞いてみよう!~理系進学のアレコレ~

2017.02.02

各回答末尾の()内は回答者です。 勉強編 Q勉強が苦手でも大丈夫ですか?A勉強が苦手でも、面白いことを調べているうちに大学で研究している人もいます。大丈夫ですよ。大切なのは「興味を持つ」こと!(大学院生)Aその時、その時、面白いっと思うことを追求していけばいいよ。(大学院生) Q大学に入るのにどのくらい勉強しましたか?A部活を一生懸命にやってい

続きを読む »

 

「親子で学ぶ理系キャリア~リケジョの未来をのぞいてみよう~」開催します

2017.01.18

理系のお仕事について考えるイベント「「親子で学ぶ理系キャリア~リケジョの未来をのぞいてみよう~」いよいよ開催! 理系の知識や技術を生かせる職業はたくさんあります。様々な分野で活躍している4人のセンパイ理系女子の話を聞いて、自分の将来についてチョット考えて見ませんか? イベント情報 日時2017年2月12日(日) 13:30~16:00 (

続きを読む »

 

中学・高校で出前講演しました

2017.03.17

女性研究者や大学院生が中学・高校に出向き、自らの研究やこれまでの歩みを語る訪問型講演「理系の実際~私が研究者をしている理由~」を実施しました。札幌市内・近郊の全中学校と高校20校に対して公募した結果、応募があった3校で実施しました。 札幌日大中学校 日時:2017年3月7日 9:50~10:40 講師:平田 恵理 助教(歯学研究科) 対象:中学3

続きを読む »

イベントスケジュール

スケジュール

イベント名 場所 形式
6/19 北大の女性大学院生と理系について語ろう! 河合塾札幌校 自由参加型座談会
7/17 楽しくサイエンス!~色々な科学を知ろう~ 北海道大学学術交流会館 自由参加型ブース実験イベント・トークセッション
9/22 しっかりサイエンス! ~大学院生のセンパイとも語ろう~(1)「オトナ♡の社会科見学~魅惑の細胞ワールドへようこそ~」 北海道大学 医歯学総合研究棟 実験教室+大学生との座談会
事前申し込み制(定員有り:締め切り)
10/16 しっかりサイエンス! ~大学院生のセンパイとも語ろう~(2)
「廃棄物の環境安全性をはかる~理系が解決する社会の問題~
北海道大学 工学部 実験教室+大学生との座談会
事前申し込み制(定員有り)
11/20 しっかりサイエンス! ~大学院生のセンパイとも語ろう~(3)
「野生動物に迫る危機!みんなで考えよう、身近な野生動物危機」
北海道大学 獣医学部 実験教室+大学生との座談会
事前申し込み制(定員有り)
12/17 女子で理系って実際どうなの?~女子学生による理系進路相談~ 北海道大学学術交流会館 実験体験イベント内での相談ブース
2/12 親子で学ぶ理系キャリア 札幌市男女共同参画センター 希望者のみ(定員有り)

Weave your story 女性研究者の「縦糸」を紡ぐ

女性研究者の
「縦糸」を紡ぐ

  • ・行きたいあの学部でやっていることをもっと詳しく知りたい!
  • ・理系の大学生活ってどんな感じなのかな?
  • ・理系に興味があるけれど迷っている
  • ・大学の理系学部には女子が少ないイメージで何となく不安
  • ・理系で学んだ先はどんな職業につながっているんだろう?

”やりたいことがあるから理系に決まり!という人にも、理系に興味はあるけれど不安もある人にも、そもそもよく知らないのでまずは理系のことを知りたい人にも、お子様の進路選択をサポートする保護者の方にも、「科学の面白さ」と「理系のキャリア」について知ってもらいたい。「女子だから...」「女子なのに...」という外側からのいろんな意見もあるけれど、自分の内側の思いを大事にして将来を主体的に切り開く力をつけて欲しい。”
そのような思いから、北海道大学女性研究者支援室では、次世代の研究者育成の一環として、女子中高生の理系進路選択を応援する取り組みを実施しています。様々な学部での研究内容を少しずつ楽しみながら体験できる実験体験イベント、最先端の研究をしている女性研究者の講義を聞き、大学で行われている研究を少ししっかり体験できるイベント、理系のキャリア・女性のキャリアについて考える講演会、現役の理系女子学生・大学院生と語る座談会を通じて、科学の魅力と理系のキャリアを知り、自身をもって理系進路を選択できるようサポートします。

本事業において、実験や講義・座談会を通じて女子中高生と女子学生が直接交流することは、女子学生が身近なロールモデルとして後輩に勇気を与えるとともに、女子学生自身にとっては、研究に対する意識を再確認し、研究の担い手としての自覚や他に影響を与える存在であるという自己認識を高める機会となることが期待されます。また、自らの理系選択体験や研究内容を一般の人々に向けてわかりやすく伝える一連のアウトリーチ活動により、コミュニケーションスキル向上も図っていきます。自分より少し先の先輩、自分より少し先の後輩と一緒に、真剣に進路や将来の話をすることは、お互いに影響し合いそれぞれの成長に大きく寄与することでしょう。

女性研究者支援室では、社会の中でマイノリティーである理系女性研究者が存分に活躍するためには、分野・組織を越えた「横のつながり(横糸)」、立場・世代を超えた「縦のつながり(縦糸)」を紡ぎ、タテ・ヨコ・ナナメのゆるやかなネットワークを形成することが重要であると考えています。そのためにも、女子学生を中心とするスタッフによる女子中高生理系進路選択支援活動は大きな意義をもっています。

北大女性研究者支援室では、女性の研究者をさまざまなカタチで応援しています。
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください。

アクセス・お問い合わせ »