北海道大学女性研究者支援室 FResHU

女子中学生・高校生の理系進学を応援します!Girl's be Ambitious! 〜科学を楽しむ、理系キャリアを知る〜

Latest Information 最新のお知らせ

お知らせ

 

新しいお知らせはありません。

 

新しいお知らせはありません。

 

(Japanese) 「楽しくサイエンス!~いろいろな科学を知ろう~in旭川」開催しました

2017.08.01

理系で学ぶ楽しさを紹介し、理系進路とその先を考えてもらう女子中高生向けイベント「楽しくサイエンス!~いろいろな科学を知ろう~in旭川」を、7月22日、旭川西高校にて開催しました! 来場者が自由に体験できる科学体験ブースには理系研究室等から9ブースの出展があり、45名の学生や教員がスタッフとして参加しました。 また女性研究者支援室の教員による女性の理系

続きを読む »

イベントスケジュール

スケジュール

Sorry, this entry is only available in Japanese.

Weave your story 女性研究者の「縦糸」を紡ぐ

女性研究者の
「縦糸」を紡ぐ

この支援事業の中で、本学の女子学生・院生たちがロールモデルとして女子中高生にアピールすると同時に、女子学生・院生たちもまた男女中高生からたくさんのものを得られると考えています。女子大学院生・女子大生の研究者チャレンジ支援の一翼を担うことにもなる支援室では、女子学生・院生も女子中高生、どちらも「次代を担う女性研究者」としての育成対象であり、女子中高生および女子学生スタッフの両者へのdouble reflective effectをねらって支援活動を展開しています。
女子大学生・院生・若手ポスドクたちは、日常、先輩・同輩の中で研究発表する機会は学会、セミナーなど学内外でありますが、より若い世代に向かって自分が興味・関心を持って取り組んでいることを伝える機会はほとんどありません。後進や一般の人々に向けて自分の研究をわかりやすく紹介・還元するアウトリーチ・イベントを主体的に運営・開催する体験は、研究に対する意識・意欲を再確認する絶好の機会となり、研究の担い手としての自覚、教育職への関心も増大することが大きく期待できます。自らの理系選択体験や大学での研究の面白さをより効果的に伝達する手法について考え、研究職を含む多様なキャリア展開へ向けて女子学生たちのコミュニケーション・スキル向上も図っていきます。
また、支援室が構築しようとしている女性研究者ネットワークの中で、分野・部局を越えた「横のつながり(横糸)」と共に、教授からポスドク・院生・学生、そして中高生まで、世代を越えた「縦のつながり(縦糸)」を紡いでいきたいと願っています。そのためにも、女子学生を中心とするスタッフによる女子中高生理系進路選択支援活動は大きな意義を持っていると考えます。

北大女性研究者支援室では、女性の研究者をさまざまなカタチで応援しています。
もっと詳しく知りたい方は
こちらもご覧ください。

アクセス・お問い合わせ »