女子学生・大学院生の博士課程進学支援および研究者チャレンジ支援

優秀な女子大学院生に授与される「大塚賞」

北大では平成17年度から、研究者を目指す優秀な女子学生育成のために、「大塚賞」が創設されています。これは北大の卒業生で平成8年に日本学士院賞を受賞した大塚榮子博士(北大名誉教授・監事)の名前を冠した奨学金制度です。

最終年次学生の中で、在学中に顕著な業績を挙げた女子学生10名(同期入学女子学生の約7%)に、副賞として奨励金50万円が贈られます。対象は、優秀な学位論文により定められた年限で遅滞なく学位を取得した女性学生です。在学中に出産・育児・介護などを経験した学生には、それに要した期間に応じた配慮をして選考を行っています。

###[関連ページ]
「北海道大学大塚賞」について

目標になる先輩と出会い、交流を広げよう

北大内外に在学中の女子学生・大学院生を対象に、さまざまなキャリアで活躍している先輩女性研究者と出会い、交流できる場を、支援室が企画・開催します。一方通行になりがちな講演会に終らず、交流会・意見交換会を含めた、実質的な交流の場です。とてつもない先輩研究者(Ambitious models)に刺激されたり、親しみやすい先輩研究者(Friendly models)からヒントや共感を得ながら、それぞれの女子学生・院生が「私は私のやり方を見つければいいんだ」「私らしくやってみよう」と思えるように願っています。素敵だなあと思える先輩に出会っても、そのあとをたどるのではなく、自分の道を切り拓いて進むきっかけにしてほしいと思っています。進路などに悩み一人で追い詰められた気持ちになってしまわずに、研究にも人生にも明るく意欲的に向き合ってもらえるよう応援します。また、先輩・同輩・後輩、異分野にも交流を広げ、多様な生き方を語り合い、励まし合いながら切磋琢磨していかれるよう支援していきます。

理系女子コミュニティRinGS

関連リンク

北海道大学基礎科学人材社会活躍促進計画S-cubic