FResHU-info Log

[FResHU-info]Vol.124 資生堂サイエンスグラント/ライフステージのマイナス!?/URAセミナー

こんにちは、女性研究者支援室の加藤です。雪虫が飛ぶ季節となりましたね。初雪も近いのでしょうか⁉

  1. 第12回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」募集のお知らせ
  2. ロルモ⑩「ライフステージのマイナスをそのままにしない生き方」とは!?
  3. 「研究者のためのライティング・リトリートwith ワンポイント英文相談」のご案内

1. 第12回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」募集のお知らせ

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」は“指導的研究者”を目指す女性を支援する研究助成です。理工系・生命系を問わず自然科学分野の幅広いテーマを対象に、毎年 100万円×最大10件の研究助成を行っています。

第12回の公募は10月15日(月)午前9時から資生堂サイエンスグラントのWebページから開始します。日本国内で研究に従事される方ならば年齢・国籍不問、推薦者不要です。

ご自身の研究分野を切り拓く意欲のある研究計画、次世代の指導的役割を担う女性研究者を歓迎します。募集要項、申請は資生堂ホームページよりご確認ください。

第12回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」ホームページ
 
 

2.ロルモ⑩「ライフステージのマイナスをそのままにしない生き方」とは!?

近頃は、女性が産休・育休を取りやすい社会になってきました。
でもそれだけで研究は続けていける?

「仕事も育児も家事もすべてをこなすスーパーウーマンじゃなくても、使えるものは貪欲に使っていく、という姿勢で、自分なりの方法やペースで研究を続けてきました。」

そう語るのは薬学研究院助教の羽田沙織里さんです。
マイナス面をマイナスのままにしない方法を、羽田先生と一緒に考えてみませんか?

10月19日(金)12時スタートです。お申込お待ちしております!(ランチを注文される方は10月18日12時までにお申込下さい。)
ロールモデル座談会”Meet the FResHU”第10回詳細はこちら
 
 

3.「研究者のためのライティング・リトリートwith ワンポイント英文相談」のご案内

北大URAステーションより、標記セミナーのお知らせがありましたので以下にご案内致します。


【イベント名】
研究者のためのライティング・リトリートwith ワンポイント英文相談

【開催案内】
ライティング・リトリートとは、英語論文執筆に適した環境を一定期間提供するものです。
普段、執筆のための塊の時間がなかなか取れないという研究者の方は、この機会に英語論文執筆という目的を共有する方々と執筆に集中してみませんか。希望される方にはネイティブの英文校正専門家による個別相談の機会も設けます。

【対象】
教員、ポスドク 10名

【プログラム】
2018年11月26、27、28日 9:00~15:30

※ 上記期間中、個別の英文校正相談を1回受けられます。
英文校正相談の日程は初日に調整します。このため、初日の参加は必須です。

【会場】
創成科学研究棟 4階セミナー室B&C

【締切】
2018年10月26日(金) 正午

【参加費】
無料

【詳細】
下記URAステーションホームページをご覧ください。
https://u4u.oeic.hokudai.ac.jp/1971/

【お問い合わせ先】
北海道大学URAステーション
高木
E-mail: ura-seminar@cris.hokudai.ac.jp


本日は以上です。今週も頑張ってまいりましょう。


FResHU-infoバックナンバーはこちら
女性研究者支援室(FResHU)
札幌市北区北12条西7丁目 北海道大学中央キャンパス総合研究棟1号館1階
TEL: 011-706-3625
HP: https://freshu.ist.hokudai.ac.jp/
E-mail: freshu@synfoster.hokudai.ac.jp