全学教育科目

全学教育科目(2016.5.10)

「科学者を目指す人へ~女性科学者からのメッセージ~」第4回は、教育学研究院准教授の河西哲子先生による「注意に女性の特性はあるか」というタイトルでの講義でした。ご専門は認知心理生理学ということで、ヒトがある視覚刺激を受けた時の脳における情報処理過程を脳波・事象関連電位を測定して解析されています。それらのプロセスとメカニズム、発達や学習障害との関係を解析する研究は、基礎と臨床を繋いでいます。具体的には、空間的注意に関する実験について紹介いただきましたがUnpublishedデータということで、論文かされるのが楽しみです。
「個性はスペクトラムである」「実験を通じで意外な事実に出会えることの楽しさ」等、学生達にとって、視野を広げ物事を柔軟に受け止めるマインドを育てることに通じると思いました。河西先生ありがとうございました。

IMG_20160510_091902