Uncategorized

【注目】 平成21年度科学技術振興調整費・女性研究者支援事業、間もなくスタート!

本年度から新規スタートした文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者養成システム改革加速」事業が、いよいよ7月1日から本格スタートします。理学系・工学系・農学系の研究を行う優れた女性研究者の養成と大学等研究機関への定着を目指し、平成21年度は北大を含む5大学から提案された下記課題が採択されました。

【北海道大学】  輝け、女性研究者!根を張れ、花咲け、実を結べ@北大
【東北大学】    杜の都ジャンプアップ事業 for 2013
【東京農工大学】 理系女性のキャリア加速プログラム
【京都大学】    京大式女性研究者養成コーディネートプラン
【九州大学】    女性枠設定による教員採用・養成システム

上記5大学では、女性に特化した教員公募+独自の養成プログラムが展開され、女性研究者のキャリアアップ、キャリア継続に向けた多数のチャンスが期待できます。
当ホームページでも公募情報などを随時掲載していきますので、ご注目ください!

また、開始以来4年目を迎えた科学技術振興調整費『女性研究者支援モデル育成』事業に、平成21年度、新たに12機関(10大学、2研究機関)が採択されました。

【秋田大学】   大学間連携と女性研究者支援 in 秋田
【農業・食品産業技術総合研究機構】  元気な農と食を支える女性研究者支援モデル
【筑波大学】   持続可能な女性研究者支援、筑波大スタイル
【農業環境技術研究所】  双方向キャリア形成プログラム農環研モデル
【佐賀大学】   三世代サポート型佐大女性研究者支援
【長崎大学】   おもやいキャンパスサポート~長大モデル~
【東邦大学】   生命(いのち)の科学で未来をつなぐ女性研究者への継続的支援モデル
【東京都市大学】  工学系イノベーションの男女共同参画モデル
【山形大学】   山形ワークライフバランス・イノベーション
【奈良先端科学技術大学院大学】  先端科学技術を担う女性研究者の育成
【上智大学】   グローバル社会に対応する女性研究者支援
【岡山大学】   学都・岡大発 女性研究者が育つ進化プラン

平成18年度に採択された北大を含む10大学、19年度採択の10機関、20年度採択の13大学を含め、本事業に採択された大学・研究機関は、延べ45機関になります。このうち18年度に発足した10大学での事業は本年3月に終了しましたが、それぞれ次のステップを目指して、支援活動を継続展開しています。日本中に広がった女性研究者支援拠点が互いに連携を深めながら、女性研究者へのよりよい支援をすすめていかれることを願っています。

*平成21年度科学技術振興調整費採択課題一覧


< -->