お知らせ

【トピックス】 望月恒子教授が大学院文学研究科長に選出されました!

大学院文学研究科長兼文学部長に望月恒子教授が選ばれました。北大において女性の研究科長・学部長が選出されたのは今回が初めてであり、画期的な嬉しいニュースです。女性が研究科長・学部長に登用されたことで、大学の運営や将来計画を検討に女性研究者の声がより反映されるようになることが期待されます。
「学部生、大学院生にとって学びがいがある大学をつくるとともに、研究者が研究を続けられる環境整備を提言、活動していきたい」(読売新聞の記事より)と抱負を語られている望月教授は当支援室の学内協力教員として、女性研究者支援の活動にも関わっていただいています。女性研究者にとって北大がより一層魅力的な環境へと進化していかれるよう、望月先生と共に支援室も努力してまいります。