イベント

中学生対象のAIとデータサイエンスを知って親しむ講義×体感イベント(締め切り済み)

AIとデータサイエンスを知って親しむ講義×体感イベント「未来を創り出すデータサイエンスに触れてみよう」(中学生対象)を7月27日(土)に開催します。
このイベントでは講義やAIについての実習、データサイエンス研究の現場探検や体験ができます。
大学の食堂で、大学生と一緒にお昼も食べます♪
最先端の研究を体感したり、これからの未来がどのように変わっていくのか専門家のお話しなど聞けます。また、大学生に大学生活なども含め、お話ししたりできます。

申込の注意

  • 希望者が多数の場合は抽選となります。
  • 下記参加申し込みフォームで申込してください。今回参加対象者となるのは中学生です。
  • 保護者用プログラムもご用意してございますが、中学生のみの参加も可能です。
  • 保護者のみご参加されたい方は、下記お問合せ先まで直接メールでご相談ください。
  • 当選者、落選者の発表は7月17日にメールにてお送りいたします。
  • 申し込み時に受付完了のメールを送信いたします。3日程度経ってもメールが届かなかった場合は、ご連絡をお願いいたします。
  • 2019年7月16日(火)15:00 申込締切です。
  • なお本事業は、情報・データサイエンス分野のダイバーシティ推進の観点から、女子生徒の参加を特に歓迎いたします。

参加申込フォーム(締め切りました)

イベント概要

イベント名 AIとデータサイエンスを知って親しむ講義×体感イベント
「未来を創り出すデータサイエンスに触れてみよう」
日時 2019年7月27日(土) 10:00~16:30
場所 北海道大学大学院情報科学研究院 札幌市北区北14条西9丁目 
≪注意≫特別な事情を除き、車で大学構内には入れません。公共交通機関や大学周辺の有料駐車場をご利用の上お越しください
対象 中学生(性別不問)と保護者
定員 中学生40名
主催 中高生へのデータサイエンス普及事業 実行委員会
共催 (公財)KDDI財団×北海道大学(人材育成本部女性研究者支援室、数理・データサイエンス教育研究センター)
後援 KDDI株式会社北海道総支社、北海道教育委員会、札幌市教育委員会
参加条件 参加無料、事前申し込みが必要です(7月16日15:00締切)
※6月18日受付開始しました。
ご来場について 会場がある大学構内には自家用車で入ることはできません。公共交通機関でお越しいただくか、学外の駐車場をご利用ください。
お問合せ先 北海道大学女性研究者支援室
TEL 011-706-3625
MAIL freshu@synfoster.hokudai.ac.jp
申込の確認については、メールでご連絡いただけるとスムーズです。

イベントの主な内容

午前

  • 講義「画像処理で広がる未来~わくわくする未来につながる最先端研究~」
      長谷山美紀 教授 北海道大学大学院情報科学研究院
               数理・データサイエンス教育研究センターセンター長
  • 講義「高速で大容量の通信システム『5G』で実現する世界」
      毛利直子さん KDDI株式会社北海道総支社
  • 大学の食堂で大学生と一緒にお昼を食べよう(昼食は中学生のみ無料)

午後

  • 講義と実習「自分たちで組み立てたパソコンでAIを動かしてみよう!」
      小川貴弘 准教授 北海道大学大学院情報科学研究院
    中学生のみ対象
  • 体験「データサイエンス研究の現場探検と最先端の情報技術を体験」
    保護者のみ対象
  • 講演「未来の職業が生まれる?~2030年に必要とされるスキルを考える~」
      長谷山美紀 教授 北海道大学大学院情報科学研究院
               数理・データサイエンス教育研究センターセンター長

参加申込フォーム(締め切りました)