お知らせ

女性研究者の上位職教員へのシャドウイング研修支援事業の募集について

この度、女性研究者支援室では、標記事業を実施いたします。この事業は、本学の女性研究者(助教、講師、准教授)が上位職教員にシャドウイングを行う自主的研修について当支援室が支援するものです。下記募集要項をお読みいただき、ご応募ください。
また、本事業の説明会&交流会を行います。興味がある、ちょっと話を聞いてみたい、という方はぜひご参加ください。2017年度に研修を実施した北方生物圏フィールド科学センター水圏ステーション 准教授の三谷曜子先生に、研修の計画から実施までの流れ、学んだことなどをご紹介いただきます。 

2019年7月19日(金)事業の説明会
&交流会の概要はこちら

概要

本事業は、キャリアアップを目指す女性研究者が、研究活動や業務のマネジメントについて学ぶために上位職の教員(以下「メンター」という)のシャドウイングを行う自主的な研修を支援するものです。この研修を通じて上位職や組織運営を行う管理職の実態を身近に感じてもらうことで、新たな視野・知見・意欲を獲得し、女性上位職研究者及び女性管理職の拡大につなげることを目的としています。なお、本事業には、シャドウイングに加え、教育研究活動やキャリア形成に係るメンターからの直接指導(メンタリング)も含まれています。
詳細は別紙募集要項(PDF)のとおりです。

シャドウイングとは

シャドウイングとはメンターの日々の仕事に同行し、様々なレベルでのコミュニケーションや意思決定を間近に見ることで、上位職研究者としての仕事のスキルや行動規範を学ぶものです。 

期待される研修の効果

この研修により、以下のような知見の獲得や効果が期待されます。

  • 学生への指導、他の構成員やスタッフとのコミュニケーション能力
  • 大学運営や管理的業務に関する知識
  • 共同研究の立ち上げ、推進、発展の実際
  • 研究プロジェクトの運営方法
  • 上位職者のセルフマネジメント
  • 計画作成・研修実施・成果報告のプロセスによる自己啓発力の向上

また、メンターを通じたネットワークの拡大も期待されます。

シャドウイングの内容例

  • メンターが参加する会議、教授会、ミーティング
  • 学生との研究ディスカッション、論文紹介指導
  • 共同研究打ち合わせ
  • 博士論文発表練習会
  • 大学院講義(研修者が講義を実施)
  • 研究室に滞在し日常のコミュニケーションの様子を観察する
  • 1対1での直接指導(メンタリングセッション)

研修可能期間

2019年6月15日~2020年2月29日

申請方法

申請書に必要事項を記入し、希望する研修開始日の6週間前(最終期限:2019年12月10日(火))までにメールで女性研究者支援室( freshu@synfoster.hokudai.ac.jp )まで送付してください。
※採択金額が予算額の上限に達した場合は、その時点で募集を終了します。

申請書

募集要項(PDF)
申請書ダウンロード
 

メンターリスト(学内)

女性研究者支援室からあらかじめ趣旨を説明し、申し込みがあった場合にメンターとなることを快諾していただいた方のリストです。

氏名 職位 所属 WebSite
加藤 昌子 教授 理学研究院化学部門 Web
姚 閔 教授 生命科学研究院 Web
樋田 京子 教授 歯学研究院 web
小川 美香子 教授 薬学研究院 Web
石塚 真由美 教授 獣医学研究院獣医学部門 Web
矢野 理香 教授 保健科学研究院 Web
玉腰 暁子 教授 医学研究院 Web
グン 剣萍 教授 先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 Web
黒岩 麻里 教授 理学研究院 生物科学部門 Web

上記リスト以外のメンター希望も歓迎いたします。